exgarden スタッフblog

福造です(・ω・)ノ

宮古市S様邸、表札と壁面装飾のみを残し
これら以外は全て7月月初に施工が済んでおりました。

表札:フォント・レイアウトの確認~調整を重ね
確定次第 即座に発注したものの
納品まで要数日・・・納品したのが先々週の半ば、

更に現場:職人さん方は、複数現場の進捗状況から
日曜日しか動けない!という状況~

先週、7/22(日)に表札の取り付け作業となりました。


表札の配置は当初の計画から予定変更、
50角(300角シート)ガラスタイルを避けた位置に。

壁面装飾:蓄光材の配置については
まだS様お悩み中との事で、商品と接着剤をお渡しし
S様ご自身に取り付けていただく形へ。
BlogPaint
追って 蓄光材、取り付けました!と御連絡いただき
昨日29日(日)に伺ってまいりました。
これにて全ての施工予定が完了、竣工です
BlogPaint
こちらの壁面装飾:蓄光材が夜には・・・
DSC_4239
こんな感じで光ります。

壁面装飾:蓄光材=オンリーワン リーブス 輝良(3色)

表札は、福彫ガラス表札:ステラ(ピンク)
文字色:ブラウンで。
BlogPaint
(メーカーシミュレーション画像)

プランニング当初も外構施工中も、ガラス表札は
壁面のガラスタイル上だと文字色がぼやけるかも・・・?

ガラス面:ピンクの濃さは?
透過度も実物を見てみないと掴めない・・・
などなど様々な懸念あり
パース3袖壁①B
表札の入荷後にお持ちし、予定の位置に配置テスト~
ほか色々と試し、表札の配置変更となった次第であります。
BlogPaint

昨日はあいにくの雨天、
外構工事完成品の写真撮りはまた追って後日~

蓄光材の発光状況も必要、夕方~夜にかけての時間帯でも
タイミング調整しつつ・・・あと2度ほど伺います(●´ω`●)



お庭のことなら当店にお任せください!!

【営業時間 AM9:00~PM6:00】
<定休日 毎週水曜日>
〒027-0033 岩手県宮古市金浜第4地割61-1
電話 0193-77-5300
FAX 0193-77-5301
E-mail ex-info@exgarden.jp

↓↓↓ ポチッとお願いしますッ(・ω・)ノ↓↓↓





やまとです



展示場またまた改装中



コンセプトは駐車スペース&お家に入るまでのアプローチ



のしっかりとしたメリハリをつける為の商品と考えています。



現在オープン外構が流行りとなっていますが、



密集地帯ではあからさまに視覚スペースが丸見えとなりますよね^^



あえて視覚スペースを創って上げる事によってより快適な空間になる事もあります



その空間自体、一昔前まではブロックで壁を創り要塞的な感じが主流でしたが、今現在は



かなり様変わりしてきましたね



この様に石を張る事で重暗いい感じから高級感が出る様工夫をする事によりお家を引立たせる事も



容易になりました。



各ブロックメーカーさんが技術開発を駆使し、施工しやすい様、生産しているからです。



DSC_4562


まだ中途半端ですが、植栽&ライティングありの下面2色タイル張りの予定となっています^^


展示場を創る事で、来店して頂くお客様が、後悔しない為のお庭創り


その為に日々努力をして行きたいと思います。



新築基礎物件も3件同時進行中です。



その中から


BlogPaint



超高気密高断熱のこのお宅(*_*)



寒暖の激しい北日本地域ならではの仕様です。



底冷えのする住宅はやっぱり光熱費や防止する器具などの経費が嵩みます



基礎段階でこの仕様にする事により暖気率は格段に向上する事は間違いなし



営業さんも工事監督もこの業界に熟練した方々ですので、下請けの私たちも安心して技術を提供出来ます。



私たちは、住宅メーカーではありませんが、工務店やメーカーとは深く関わっています。



坪単価や契約日などこだわる会社はお勧めできませんよそれは99%後悔するからです。



庭創りの観点から住宅創りを考える事



逆行しているかもしれませんが、そんな考えもありですよね・‥…━━━☆・‥…━━━☆



お庭のことなら当店にお任せください!!

【営業時間 AM9:00~PM6:00】
<定休日 毎週水曜日>
〒027-0033 岩手県宮古市金浜第4地割61-1
電話 0193-77-5300
FAX 0193-77-5301
E-mail ex-info@exgarden.jp

↓↓↓ ポチッとお願いしますッ(・ω・)ノ↓↓↓










やまとです



今回起こった西日本の豪雨災害に被災した方々には、お見舞い申し上げると共に、一日も



早い平穏な日々が戻ります様心から願っています。



私たちも沿岸に所在地が在り、東日本大震災後の復興に微力ながらも力になれれば・・と思い



活動してきました。



西日本にも少なからず知人が居ります。もちろん被災に遭われた知人も居りました。



幾度となく助けられた方々に、今度は私たちが恩返しをしなければなりません。



仮設住宅など仮住居に一時、暮さなければいけない人も多々いらっしゃると思います



どうか、投げやりな気持ちにならず、その先の幸せを希望に持ち耐えて頂くよう願っております。




この国は間違いなくall Japan






















このページのトップヘ